e.max

一般的名称:歯科切削加工用セラミックス
認証番号:220AGBZX00008000  管理医療機器

IPS e.max キャド ブロックは、ベニア、インレー、パーシャルクラウン

クラウンなど審美的で高強度の単冠修復物の製作に適合。
IPS e.max ジルキャドとの組合せで、IPS e.max CAD-on テクニックにより高強度で高審美性のある4ユニットまでの臼歯部ブリッジの製作も可能。
ブロックはクリスタライゼーションの途中段階にあるので、

CAD/CAM機器で簡単にミリングが可能。
白と青の中間、灰色がかった青色を持つIPS e.max キャド独自の色は、

ガラスセラミックスの微細構造によるもので、この段階にある材料の曲げ強度はおよそ150MPaです。
ミリング後、Ivoclar Vivadent 製ファーネス(プログラマットCS 等)により、約25分間クリスタライゼーションを行い、最終的な曲げ強度は360MPaになります。

審美性と明度を兼ね備えた強度の高いセラミックスブロックです。


 

特徴
高強度 (360 MPa) と高い審美性
ミリングが容易なので
効率的で経済的な加工
MIによる修復物
さまざまなケースに対応できる
3 段階の透過性
酸化ジルコニウムによるサポートにより、1日で高い強度の
ある臼歯部ブリッジが完成


適応
シンベニア
MI修復 インレー/アンレー(1mm)
パーシャルクラウン クラウン
前歯と小臼歯に及ぶブリッジ
インプラント上部構造