CAD/CAMについて

最新CAD/CAMと申しましても自動製造ロボットではございません。
設計・製造の支援システムです。 これまで歯科技工士の経験と訓練により、製作してきた歯科補綴物は各歯科技工士の熟練度合により 製作補綴物の品質の管理が難しい状況でした。
しかし、歯科用の導入によりある一定の条件を保ちながらこれまでの歯科技工士が製作する歯科補綴物を一定レベル以上の品質で製作が可能となりました。
このシステムは、通常の技工作業の作業のWAXUP支援システムになります。

作業模型製作後、トリミングし、3Dスキャナーにて、支台歯情報・歯列情報・対合歯情報・咬合情報をスキャン、 3Dデーターに変換し、コンピューターに取り込みます。
この情報をもとに、CADソフトが各情報を分析・計算の上、仮想空間にてワックスアップ
(設計支援)を実行します。  パラメーターにてミクロン単位で、下記の項目の設定が可能です。


支台歯のマージン設定
(アンダーカット・平衡性を考慮)

 適合設定
(セメントスペース等にてのルーシビアフィットを考慮)
 
コンタクト設定

(コンタクト形状・位置・強さ等)

 咬合設定
(咬合位置・咬合運動等考慮しお好みの咬合調整します)



あらかじめ登録された担当の先生のお好みのデーター を元に
3Dデータを作成いたします。


(例:コンタクト強め バイト弱め 適合シビアフィット セメントスペース多め等)



 

トリミング作業後のマージンラインの記入 コーティング剤 スペーサー処理は コンピュター内で実行致しますので 作業模型では行いません。 

 
     

咬合調整を行います。

 

データの完成 STLファイルに出力
     
 

この作成された3Dデーターを元にCAM(製造支援)システムへと送ります。 CAM工程では、ミリングマシーンによる削り出し法と3Dプリンターによる積層法がありますが、弊社では、ミリングマシーンによる削り出し法にて製造致します。

 
     
   
     

CAD/CAMシステム紹介

 

Dentalwings 7series   PRODIA